あなたは決して理解しません

人生の知識を共有し、自分らしくなりましょう

歌うときには息があったほうがいいですよね。 勉強になりましたか?

f:id:seraef:20210802195648j:plain

以下の点に注意してください。

1.肩の力を抜いて

息を吸うときは、肩の力を抜いてください。 吸い込みすぎて肩身の狭い思いをしていてはいけません。 肩の力が抜けていると、陰部に息が入りやすくなります。歌唱表演非常に硬い息を吸えば、非常に穏やかな息を吸うことになり、通常の発声を妨げることになります。

2.胸を張りすぎない

歌うときには上半身をまっすぐにと言っていますが、胸を張りすぎず、リラックスして歌いましょう。 これは、私たちの呼吸と声を助けます。

3.ネックリラクゼーション

首を高く伸ばしすぎず、自然な状態にすることで、口や喉、咽頭が開きます。 首がまっすぐになりすぎると、吸気経路が塞がれ、声が硬くなります。

5.Don't be nervous

緊張すると筋肉が硬くなってしまうので、歌うときはテンションを上げてポジティブになりましょう。 また、「うまく歌えないのではないか」と不安になってしまうと、そのネガティブな姿勢がパフォーマンスにも影響します。

6.息を吐くように息を吸い続ける

丹田に空気が入って音が鳴り始めると、腹部を少し外側に膨らませておきます。 歌うときにお腹を外側に押し出す感覚が大切です。 この状態では、ゆっくりとした息切れが確保され、息切れを抑えることができます。 7.

呼吸をコントロールしすぎない

歌うことと呼吸することはどちらも自然なことなので、歌い方や呼吸の仕方を工夫して、習慣化することが大切です。 歌うときに呼吸をコントロールするのは難しいので、これを練習して日常の会話に応用する必要があります。

8.適切な吸入量であること

9, 適度に息を使う

私たちが呼吸の練習をするのは、呼吸をコントロールする能力を身につけるためであり、「漏れがあるかもしれない」と考えれば十分なのです。

注目の記事

若い音楽家は、インターネットと商業的なパートナーシップを受け入れています!

息を使って歌うことを学ぼう 来て、学んで!

観客から熱狂的な反応を得るために、イベント開催時に注意すべき5つのポイント!

イベント主催者の選び方は? この6つのコンピテンシーに注目してください

この4つのポイントに注意すれば、ホスティングで大きな問題が発生することはありません。