あなたは決して理解しません

人生の知識を共有し、自分らしくなりましょう

国内旅行に保険は必要ですか? このガイドを読んでください。 この4種類の保険は必須です!忘れないでくださいね!

f:id:seraef:20210528165045j:plain
友人の中には、「普段から医療保険や傷害保険に入っているのに、海外旅遊保險に入る必要があるの? 実際には、この2つの部分以外にも、リスクの高いアウトドア活動や持ち物の紛失など、多くのものを守ることができるのが海外旅行保険の特徴です。 では、海外旅行保険とはどのようなもので、どのように加入すればよいのでしょうか。

旅行保険の内容は?

旅行開発保険の保護プランの一般的な設計は、これらの4つの主要な項目として要約することができます:事故と医療処置、旅行の利便性、遊びの安全性、第三者賠償責任保険。

1.アクシデントとメディカル

これが海外旅行保険危疾保險儲蓄の最も重要な部分です。 旅行中に突然病気になったり、事故に遭ったりしたときに、それによって発生する追加の医療費を支払うだけでなく、入院手当や親族訪問費用など、それに応じた補償が受けられる保険です。 未成年者が同伴している場合は、子供を家に連れて帰るための費用も負担します。

また、非常に重要なことは、緊急医療の避難と帰還です。 これは、例えば、遠隔地の景勝地で傷病が発生した場合などに非常に有効です。 自費でヘリコプターに乗るとなると、数千円から数万円という高額な費用がかかります。

緊急救助用ヘリコプター

2.旅行の利便性

主なトラブルは、フライトの遅延・キャンセル、預け入れ荷物の遅延・紛失、携行品の紛失、中国の銀行カードの盗難などです。

加えて、旅行のキャンセルや中断の特別なリスクもあります。

例えば、出発前に体調を崩して(自己都合で)外出できなくなったが、すでに支払った旅費を返金できない場合、その旅費を保険でカバーすることができます。 例えば、出発前の目的地で(自作自演ではない)自然災害が発生し、訪問者を受け入れることができなくなった場合、補償を申請することもできます。

目的地で起こりうる自然災害

なお、キャンセルや中断に関する保険は、通常、一般的な旅行開発保険には含まれておらず、別途加入する必要があります。 ポリシーはより厳しく、サービスの購入に必要な時間もより厳しくなっています。 例えば、上場企業の社員の中には、自然環境災害による旅行キャンセルのための社会保険に加入していない人もいます。 そのため、保険に加入する際には、先生は生徒に保険の内容をよく確認してもらう必要があります。

3.旅の安全性

今、旅先でさまざまな体験に参加する仲間が増えているので、保険会社はパラシュートやバンジージャンプなどのエクストリームスポーツや、ダイビングやスキーなどケガのリスクが高い人のための保険など、アウトドアスポーツ専用の保険を用意するようになり、必要に応じて保険に加入することができるようになりました。

保険商品での説明

また、リスクの高いスポーツを傷害保険の対象としている会社もあります。 保険の重複を避けるため、購入時に詳細を確認してください。

4.第三者賠償責任保険

この部分は、私たちが保険に加入する際に無視しやすい部分かもしれません。

例えば、ホテルのロビーで走り回っていた子供たちが、誤って高価な花瓶を落としてしまい、$を要求されたとします。 第三者賠償責任保険に加入していれば、示談金を申請することができます。

三者賠償責任保険の中には、ペットも対象としているものがあります。つまり、ペットが誤って他人を傷つけた場合、保険会社が負傷者に補償してくれるというもので、拾い食いをする人にはとても優しい保険です。

注目の記事

海外旅行での保険の加入方法は? これらは、旅行者にとって絶対に手を抜けないポイントです。 良い保険に加入して、安全に旅行しましょう!

海外旅行保険に加入する際、どのような点に気をつければよいのでしょうか? この8つのポイントを押さえておけば、安心です!

補償旅行」はこちら、この社会保険が大幅に増えました。 以下をご覧ください。

最もわかりやすい海外旅行保険の購入行動ガイドです! ワンクリックで保存できます。 自分に合っているかどうか確認してみましょう。

この記事では、傷害保険に加入すべき理由と、旅行時に期待できる4つのメリットをお伝えします